Akira-Wada.com

和田 章(わだあきら)

工学博士 / 東京工業大学 名誉教授

Akira Wada

Doctor of Engineering
Professor Emeritus, Tokyo Institute of Technology
e-mail:wada{at}akira-wada.com

Article 1995~1999


論文

1999
場所打ち杭頭半剛接合法の開発,(小林勝巳,大西靖和,森山英治,丸 隆宏,寺岡 勝,木戸英樹,和田 章),日本建築学会技術報告集第9号,日本建築学会,Vol.114,No.1448,65-70,1999
側柱下の場所打ち杭-基礎梁部分架構の耐震性能に関する研究,(小林勝巳,丸 隆宏,大西靖和,寺岡 勝,和田 章),日本建築学会構造系論文集,No.520,61 -68,1999.6
システムトラスにおける接合部性能に関する研究,(藤田正則,岩田 衛,和田 章),日本建築学会構造系論文集,No.517,93 -100,1999.3
高張力ロッドを用いたテンション構造のシステム化に関する研究,(竹内 徹,岩田 衛,和田 章),日本建築学会構造系論文集,No.517,85 -92,1999.3
中間層免震建物の地震応答,(小倉桂治,高山正春,辻田 修,木村雄一,和田 章),日本建築学会構造系論文集,No.516,99 -104,1999.2
振動数と温度に依存する粘弾性ダンパーの動的力学モデル,(黄 一華,加藤敬史,和田 章,岩田 衛,竹内 徹,大熊 潔),日本建築学会構造系論文集,No.516,91 -98,1999.2
水平変形に注目した立体鉄骨骨組の部材断面変更法,(内村 均,和田 章),日本建築学会構造系論文集,No.515,91-98,1999.1

1998
打撃振動を用いた張力推定法の改良と屋根施工への適用,(堀 昭夫,鈴木威祐,彦根 茂,和田 章),鋼構造年次論文報告集,日本鋼構造協会,Vol.6, 299-304,1998.11
特殊用途建築物に適用可能な機能に基づく耐震設計の考え方,(中村紀吉,成川匡文,岸野泰章,福島誠一郎,岩田 衛,和田 章),日本建築学会構造系論文集,No.511,149-162,1998.9
水平力を受ける場所打ち杭-基礎梁部分架構の力学的特性に関する研究,(小林勝巳,丸 隆宏,大西靖和,寺岡 勝,和田 章),日本建築学会構造系論文集, No.509,83 -97,1998.7
三次元実画像データに基ずくコンクリート材料の有限要素解析手法,(永井学志,山田貴博,和田 章),日本建築学会構造系論文集,No.509,77 -82,1998.7
兵庫県南部地震における建築物の被害研究 建物被害に基ずく新耐震設計法・耐震診断法の評価,(北村春幸,寺本隆幸,鵜飼邦夫,村上勝英,秋山 宏,和田 章),日本建築学会構造系論文集,No.504,127 -132,1998.2
兵庫県南部地震における建築物の被害研究 建物被害に基ずく地震エネルギー入力評価,(北村春幸,寺本隆幸,鵜飼邦夫,村上勝英,秋山 宏,和田 章),日本建築学会構造系論文集,No.503,165 -170,1998.1
軸降伏型履歴ダンパーの疲労特性に関する研究,(前田泰史,中田安洋,岩田 衛,和田 章),日本建築学会構造系論文集,No.503,109 -115,1998.1
Dynamic Analysis of a Reinforced Concrete Shear Wall with Strain Rate Effect,(Kazushi Shimazaki,Akira Wada),Structural Journal/ American Concrete Institute, Vol.95, No.5,488-497,1998.9/10
Mechanical Properties of Low Yield Point Steels, (Eiichiro Saeki, Mitsuru Sugisawa, Tanemi yamaguchi, Akira Wada), JOURNAL OF MATERIALS IN CIVIL ENGINEERING, Vol.10, No.3, 143-152, 1998.8
Stress Analysis of Concrete Material Based on Geometrically Accurate Finite Element Modeling,(Gakuji Nagai, Takahiro Yamada,Akiea Wada), Fracture Mechanics of Concrete Structures/AEDIFICATIO,Vol.2,1077-1086,1998

1997
極低降伏点鋼制震パネルを用いた被害レベル制御構造の鉄骨造高層建物への適用,(田中 清,鳥居次夫,佐々木康人,河合廣樹,岩田 衛,和田 章),日本建築学会技術報告集第5号/日本建築学会,Vol.112,No.1416,126-131,1997.12
建築物が寿命中に受ける総地震被害に注目した耐震設計に関する一考察,(小波佐和子,岩田 衛,田村和夫,和田 章),日本建築学会構造系論文集, No.502,165-171,1997.12
頭付きスタッドの弾塑性性状を考慮した合成梁架構の弾塑性平面骨組解析,(山野辺宏治,矢部喜堂,和田 章),日本建築学会構造系論文集,No.502,135-140,1997.12
被害レベル制御構造における梁端フランジ溶接部の力学的特性,(大西雄一郎,林 賢一,黄 一華,岩田 衛,和田 章),日本建築学会構造系論文集,No.501,143-150,1997.11
システムトラスにおける設計・施工情報の統計的分析,(藤田正則,岩田 衛,和田 章),日本建築学会構造系論文集,No.500,123-130,1997.10
1階両外柱の模型実験を含んだRC造高層建築物の静的パラレル実験解析,(市橋重勝,坂田弘安,山田貴博,林 静雄,和田 章),日本建築学会構造系論文集,No.499,93-100,1997.9
弾塑性構造物の風応答性状ならびにその予測に関する研究 その4 多質点系モデルへの展開,(辻田 修,早部安弘、丹羽秀聡,大熊武司,和田 章),日本建築学会構造系論文集,No.499,39-44,1997.9
鉄骨構造の供給システムに関する研究,(岩田 衛,米田雅子,和田 章),日本建築学会構造系論文集,No.495,135-142,1997.5
等分布鉛直荷重を受ける大スパン合成梁を有する鉄骨骨組の水平加力実験,(山野辺宏治,矢部喜堂,和田 章),日本建築学会構造系論文集,No.493,91-98,1997.3
弾塑性構造物の風応答性状ならびにその予測に関する研究 その3 提案予測手法の風速変化に対する適用性,(辻田 修,丹羽秀聡,大熊武司,和田 章),日本建築学会構造系論文集,No.493,17-22,1997.3
Damage-controlled Structures. I : Preliminary Design Methodology for Seismically Active Regions,(Jerome J. Connor,Mamoru Iwata,Yi Hua Huang,Akira Wada),Journal of Structural Engineering,ASCE,Vol.123,No.4, 423-431,1997 .4
Seismic Design Trend of Tall Buildings After Kobe Earthquake in Japan,(Yi Hua Huang, Mamoru Iwata, Akira Wada),International Post-SMiRT Conference Seminar on Seismic Isolation,Passive Energy Dissipation and Active Control of Seismic Vibrations of Structures,Taormina,Sicily,Italy, 251-269,1997

1996
フレームに組み込まれたアンボンドブレースの弾塑性挙動解析,(佐伯英一郎,前田泰史,岩松浩一,和田 章),日本建築学会構造系論文集,No.489,95-104,1996.11
3スパン連続合成梁を有する鉄骨骨組の水平加力実験,(山野辺宏治,矢部喜堂,和田 章),日本建築学会構造系論文集,No.487,121-129,1996.9
水平変形に注目した鉄骨骨組の部材断面変更法,(内村 均,佐藤和英,和田 章,黒正清治),日本建築学会構造系論文集,No.485,73-80,1996.7
弾塑性構造物の風応答性状ならびにその予測に関する研究 その2 風方向振動の場合,(辻田 修,早部安弘,大熊武司,和田 章),日本建築学会構造系論文集,No.485,25-34,1996.7
有限要素法によるアンボンドブレースの弾塑性挙動解析と実験結果との比較,(佐伯英一郎,岩松浩一,和田 章),日本建築学会構造系論文集,No.484,111-120,1996.6
弾塑性構造物の風応答性状ならびにその予測に関する研究 その1 風直角方向振動の場合,(辻田 修,早部安弘,大熊武司,和田 章),日本建築学会構造系論文集,No.481,9-16,1996.3

1995
被害レベル制御構造「Damage Tolerant Structure」 に関する研究,(岩田 衛,黄 一華,川合廣樹,和田 章) 日本建築学会技術報告集,No.1,82-87,1995.12
セミアクティブマスダンパーのエネルギー吸収特性と制振効果,(田村和夫,和田 章),日本建築学会構造系論文集,No.477,39-48,1995.11
実大アンボンドブレースに関する実験的研究,(佐伯英一郎,前田泰史,中村秀司,緑川光正,和田 章),日本建築学会構造系論文集,No.476,149-158,1995.10
曲面システムトラスと仕上げ材の接合情報に関する研究,(藤田正則,岩田 衛,岡部富雄,和田 章),日本建築学会構造系論文集,No.474,201-208,1995.8
扁平角柱まわりの流れと風圧力の三次元解析,(田村哲郎,伊藤嘉晃,和田 章),日本建築学会構造系論文集,No.474,41-48,1995.8
低降伏点鋼のヒステリシス及びヒステリシスエネルギー特性に関する研究,(佐伯英一郎,杉沢 充,山口種美,望月晴雄,和田 章),日本建築学会構造系論文集,No.473,159-168,1995.7
低降伏点鋼の低サイクル疲労特性に関する研究,(佐伯英一郎,杉沢 充,山口種美,望月晴雄,和田 章),日本建築学会構造系論文集,No.472,139-148,1995.6
免震構造物の安全性評価に関する一考察,(菊地 優、田村和夫,和田 章),日本建築学会構造系論文集,No.470,65-73,1995.4
強風時のエネルギー吸収量に基づく同調質量ダンパーの制振指標に関する検討,(田村和夫,柴 慶治,和田 章),日本建築学会構造系論文集,No.468,51-60,1995.2
Preliminary Seismic Design of Damage Tolerant Tall Building Structure, Akira Wada,Yi Hua Huang A New Direction in Seismic Design,Tokyo,9-10 October 1995

シンポジウム

1999
Full-scale Shaking Table Test of Passive Response Control of Reinforced Concrete Frames Designed Under Old Seismic Regulation,(Masanori Iiba, Akira Wada ),Seismic Isolation, Passive Energy Dissipation and Active Control of Vibrations of Structures,Koria Earthquake Engineering Research Center,Seoul National University,Volume 1,191-200 ,1999
Damage Controlled Structures in Japan,(Y. H. Huang, Akira Wada), Proceedings of fifth US-Japan Workshop on Seismic Design. Hawaii,Sep. 1-4,1999
骨組みの変形と.パッシブ制振,(和田 章),第三回粘弾性ダンパーの開発と耐震設計・耐震補強への応用に関するシンポジウム,早稲田大学,28-31,1999.6
Dynamic Analysis of Three Dimensional Elastic Frames Incorporating Passive Energy Dissipation System(PEDS),(黄 一華、中村寛之、和田 章),Proceedings of the Second Japan-UK Workshop on Implications of Recent Earthquakes on Seismic Risk,東京工業大学,317-328,1999.4
コンクリート材料の圧縮破壊のイメージベース有限要素解析,(永井学志,山田貴博,和田 章),コンクリート工学年次論文報告集,Vol.21,No.3,157 -161,1999.3

1998
降伏変形の異なる部材の組み合わせによる制振デバイスの開発,(申 範昊、迫田丈志、岩田 衛、和田 章),第10回日本地震工学シンポジウム論文集、震災予防協会・地盤工学会・土木学会・日本機会学会・日本地震学会・日本建築学会,Vol.1/Vol.3,2715-2720,1998.11
性能設計と免震・制振技術の将来,(和田 章),第10回日本地震工学シンポジウムパネルディスカッション資料集、震災予防協会・地盤工学会・土木学会・日本機会学会・日本地震学会・日本建築学会,129-132,1998.11
固定格子のための滑らかな界面を含む混合型有限要素の開発 ,(永井学志,山田貴博,和田 章),計算工学講演会論文集,vol.3 no.2,393-396,1998
実画像データに基ずくコンクリート材料の応力解析,(永井学志、山田貴博、和田 章),第47回応用力学連合講演会 講演予稿集,日本学術会議メカニクス・ 構造研究連絡委員会,413-418,1998
Hybrid and Paralell Static Elasto-plastic Stress Analysis for High-rise Reinforced Concrete Building Combined with Partial Actual Experiment, (Sigekatsu Ichihashi, Hiroyasu Sakata, Akira Wada), Computational Mechanics -New Trends and Applications, Barcelona,Spain,1998
Passive Seismic Control System Using Steel Site Damper, (Satoshi Sugiyama, Akira Wada),Proceedings of the NEHRP Conference and Workshop on Research on the Northridge,California Earthquake of January 17,1994/California Universities for Research in Earthquake Engineering,Vol. 3-B ,3・714-3・721,1998
Dynamic Analysis of Three Dimensional Elastic Frames Incorporating Passive Energy Dissipation System (PEDS), (Hiroyuki Nakamura,Yi Hua Hung, Akira Wada), Proceedings of the Second Japan-UK Workshop on Implications of Recent Earthquakes on Seismic Risk, Tokyo Institute of Technology, Tokyo, Japan , 317-328, 1998

1997
実画像データに基ずくコンクリート材料の有限要素解析 ,(永井学志、山田貴博、和田 章),計算工学講演会論文集,vol.2,no.3,1103-1110,1997
エネルギー吸収機構を有する高層鉄骨建物の風応答及びその適応性について ,(黄 一華、早川 輝、田村哲郎、笠井和彦、和田 章),建築鋼構造研究フォーラム資 料集/社団法人鋼材倶楽部,10-19,1997
Seismic Design Trend of Tall Steel Buildings After the Kobe Earthquake,(Mamoru Iwata,Yi Hua Huang, Akira Wada),International Workshop on Harmonization of Performance-based Building Structural Design in Countries Surrounding the Pacific Ocean,tsukuba,Japan,2/320-2/320,1997
Passive Seismic Control System Using Steel Slit Damper ,(Satoshi Sugiyama, Akira Wada),The Northridge Earthquake Research Conference, Los Angeles,CA,87,1997
Hysteretic Model of Visco-elastic Damper for Long Duration Loading,(Kazuhiro Kasai, Yi Hua Huang, Akira Wada),Summaries of Technical Papers of Annual Meeting,AIJ,Chiba,Japan,1997
Actual Size and Real Time Speed Tests for Hysteretic Steel Damper ,(Yi Hua Huang, Takahiro Yamada, Satoshi Sugiyama, Akira Wada, etc.) ,Proceedings of Stessa '97, Kyoto,Japan,1997
Design and Construction Information for System Truss,(Masanori Fujita,Mamoru Iwata, Akira Wada),Seventh International Conference on Computing in Civil and Building Engineering,Vol.2,1467-1472,1997
Seismic Design Buildings Focus on Total Earthquake Damage Cost During Their Lifetime, (Mamoru Iwata, Sawako Knami, Akira Wada),Seventh International Conference on Computing in Civil and Building Engineering,Vol.2,1241-1246,1997

実画像データに基ずくコンクリート材料の有限要素解析 ,(永井学志、山田貴博、和田 章),計算工学講演会論文集,vol.2,no.3,1103-1110,1997

1996
建築構造の耐震設計と安全の考え方,特別研究 阪神・淡路大震災から1年-建築および都市の防災性向上にむけて-,兵庫県南部地震特別研究委員会 第一回公開シンポジウム,29-32, 1996,1
Inelastic Behavior of High Strength Steels with Weld Connections Under Cyclic Gradient Stress,(Yi Hua Huang, Yuichiro Onishi, Kenichi Hayashi, Akira Wada),Proceedings of 11WCEE, Eleventh World Conference on Earthquake Engineering,Acapulco, Mexico No.1745-,on CD ROM,1996
Damage to Modern Steel Structures in Kobe,and Current Japanese Research and Design Solution for Steel Buildings,(Yi Hua Haung, Akira Wada),Seismic Design of Steel Buildings after Kobe and Northridge Earthquake/The Institution of Structural Engineers,London,17-28,1996
Damages of Several Kinds of Reinforced Concrete Buildings Located on the Same Site,(Masayoshi Kumata, Akira Wada),Seventh U.S.-Japan Workshop on the Improvement of Structural Design and Construction Practices, Japan Structural Consultants Association and Applied Technology Council, USA, No.7,14.01-14.13,1996
Buckling Strength of Steel Member Having Rotational Springs at Its Both Ends,(Mamoru Iwata, Yuichi Matsuoka Manabu Koizumi, Akira Wada), Eleventh World Conference on Earthquake Engineering, No.1739 on CD rom (8pages paper), 1996
Cyclic Behaviors of High Strength Steels with Weld Connections Used in the Damage Tolerant Structures,(Hua Yi Huang, Yuichirou Onishi, Mamoru Iwata, Akira Wada),Proceedings of International Conference on Advances in Steel Structures,385-390,1996

1995
Inelastic Behavior of High Strength Steels Under Cyclic Gradient Stress,(Yi Hua Huang, Mamoru Iwata, Atsushi Watanabe, Akira Wada),Structural Steel, PSSC '95 4th Pacific Structural Steel,367-374,1995
System Truss Structure Using Computer Technologies,(Masanori Fujita, Mamoru Iwata, Akira Wada), 6th International Conference on Computing in Civil and Building Engineering, 457-462,1995
Three-Dimensional Simulations of an Oscillating Rectangular Cylinder, (Tetsuro Tamura, Yoshiaki Itoh, Akira Wada),Proceedings Sixth International Conference on Flow-Induced Vibration,London,UK,181-192,1995
Rational Seismic Design Approach to Steel Building Structures, (Yi Hua Huang, Mamoru Iwata, Jerome J. Connor, Akira Wada), Dynamic Plasticity and Structural Behaviors,Proceedings of Plasticity '95,The Fifth International Symposium on Plasticity and Its Current Applications,No.5,483-486,1995

総説・論評

1999
熊本北警察署西棟,九州の建築構造物,(社)鋼材倶楽部,65,1999
建築技術のアクショム 建築構造と塑性変形,建築技術,No.594,248-249,1999.8
線形応力解析の役割,建築技術,No.593,115-117,1999.7
Ductility is Damage,Structure,No.71,22-23,1999.7
解析技術の発達/手計算からスーパーコンピューティング(共著),建築雑誌, 日本建築, Vol.114, No.1439, 18-19, 1999.6
免震建築の理解と普及,建築技術,No.589,118?121,1999.3
施工技術の進歩と普及,施工,彰国社,No.400,86,1999.2
日本建築鉄骨構造技術の発展(分担),月刊鉄構技術臨時増刊号,鋼構造出版,No.128,Vol.12,1999.1
1999作品選集(分担),建築雑誌増刊,日本建築学会,29,1999

1998
評論/国立西洋美術館本館保存免震レトロフィット-構造設計-,日本建築学会技術報告集第6号,日本建築学会,Vol.113,No.1429,238,1998
評論/長大な跳ね出し部を有するT字形高層建築物の構造設計,日本建築学会技術報告集第6号,日本建築学会,Vol.113,No.1429,238,1998
耐震・免震・制振,建築と社会,日本建築協会,18-19,1998.10
主旨説明,1998年度日本建築学会大会(九州)構造部門(応用力学)パネルディスカッション資料-数値解析と構造設計-,日本建築学会,1-4,1998.9
高層建築の耐震設計と免震・制振、免震・制振・除振研究フォーラム,(社)システム総合研究所,1998.7
今後の課題と展望,信頼性指標を用いた性能明示型設計手法の提案,中高層ハウジング構造性能研究会,2-222,1998.7
制振構造の成立ち,Structure,(社)日本建築構造技術者協会,No.67,26-28,1998.7
特別座談会 建築基準法改正の社会的影響を探る 建築業界としてはどう対応すべきか,月刊 建設オピニオン,8-22,1998.7
座談会・建築基準法改正の社会的影響,月刊建設オピニオン,8-22,1998.7
テクノロジー・ワンス・モア モダンネクスト始動,建築技術,No.580,32-43,1998 .6
特別寄稿 これからの耐震設計,NTTファシリティーズ ジャーナル,NTTファシリティーズ,Vol.36,No.209,6-8,1998.5
免震構造のひろがりに向けて、建築の技術/施工、 No.390 、30-34、1998.4
免震建築を常識に,月刊 鉄鋼技術 ,Vol.11,No.115,117-119,1998.1

1997
建築構造の性能と構造設計,コンクリート工学,日本コンクリート工学協会,Vol.35,No.11,10-13,1997.11
耐震診断の現状と課題 耐震補強と耐震設計,建築技術,117-119,1997.10
高層免震建物の地震応答特性に関する検討,日本建築学会技術報告集第5号,日本建築学会,Vol.112,No.1416,298,1997
中間階および基礎における免震レトロフィット工事-構造設計-,日本建築学会技術報告集第5号,日本建築学会,Vol.112,No.1416,297,1997
特集 免震建築の将来 絶賛免震建築, 建築雑誌,日本建築学会,Vol.112,No.1414,50-51,1997.11
21世紀を目前にして技術を考える,東京工大クロニクル,No.313,2-3,1997.7
制震・免震、超々高層のフィージビリティ,日本建築学会・超々高層特別高層委員会・特別研究,[15],109-114,1997
免震構造の可能性,制震・免震構造マルチガイド・別冊,建築技術編,建築技術,16-18,1997
損傷制御を考えた耐震構造・ダメージ・トレラント構造,建築構造設計のための力学の新展開,日本建築学会近畿支部 構造力学部会 構造力学講究録,[25],45-57,1997
中国銀行香港支店ビル/モダン・ストラクチュアの冒険,建築文化,Vol.52,No.603,78-79,1997

1996
建築耐震設計と計算工学,計算工学,日本計算工学会,Vol.1,No.1,10-13,1996
新建築構造体系に求められる設計品質,STRUCTURE,日本建築構造技術者協会 ,No.58,30-32,1996
技術ノート/建物の耐震補修と補強/4,免震構造,建築雑誌,日本建築学会 ,Vol.111,No.1397,56-57,1996
建築耐震設計と計算工学, 計算工学 創刊号 Vol.1, No.1, 10-13, 1996
耐震構から免震空間へ、hiroba'96,近畿建築士会協議会,56-57,1996
免震構造の可能性/制震・免震構造の設計,建築技術,No.559,60-62,1996
座談会:阪神淡路大震災の教訓と今後の耐震技術ー建築物についてー,(司会 :和田 章、武田寿一、平石久廣、広沢雅也、福山国夫、矢野克己、渡邊史夫), コンクリート工学,日本コンクリート工学協会,No.368,4-16,1996
21世紀に向けた耐震設計,コンクリート工学,日本コンクリート工学 協会,No.368,2-3,1996
コンピュータによる建築構造設計支援のあり方に関する研究,日本建築 学会技術報告集,No.3,262,1996
RCコアウォールシステムの開発と実証,日本建築学会技術報告集,No.3, 157,1996
オーバーハング部を持つ大規模重量建築物のリフトアップ,日本建築学 会技術報告集,No.3,27,1996

1995
基礎絶縁型免震システムの耐震設計法の提案,日本建築学会技術報告集 ,[12],159-159,1995
免震構造は始めの選択,Menshin,日本免震構造協会,3-4,1995.10
座談会:「物語」として読む戦後建築50年-編集委員会幹事による一つのガイドライン、特集=戦後建築をつくった人々-人とその逸話で歴史の行間を照し出す,(渡辺武信、斎藤孝彦、長谷川尭、長澤 泰、和田 章),50,Vol.110, No.1376,1995.8
こたえは免震構造,Menshin,日本免震構造協会,19-19,1995.7
新時代の構造設計法をめざす,建築の技術,施工,[358],34-35,1995
ダメージ・トレラント構造,Structure,日本建築構造技術者協会,[54],51- 53,1995
空間骨組構造の耐震設計、空間骨組構造 形態・性能・生産,日本建築学会,51-56、1995
建築構造物の非線形挙動の解明とその応用に関する一連の研究,建築雑誌,日 本建築学会,110,No.1376,119,1995
コンセプトの変革と新しい構造技術;建築雑誌,日本建築学会,110,No.1372,72-72,1995
超々高層建築物の構造設計,日本建築学会大会(北海道)総合研究協議会資料,53-56, 1995
情報/都市の地震災害における情報システムの役割とその被害,日本建築学会 大会(北海道)総合研究協議会資料, 38-39,1995
構造分野におけるシミュレーション,建築雑誌,No.1381,16-17,1995.12
インタビュー:藤本盛久、鉄骨人生、特集=戦後建築をつくった人々-人とその逸話で歴史の行間を照し出す,建築雑誌,35, Vol.110,No.1376,1995.8
特定階層に被害が集中したのはなぜか。,ニュートン,教育社,15,88-89,1995.6
コンセプトの変革と新しい構造技術,建築雑誌,72, Vol.110,No.1372,1995.5
海外における混合構造,コンクリート工学,33,81-85,1995.1

新聞記事

1999
耐震建築、生きる日本の伝統工芸,日本経済新聞,29面,9月27日,1999
建築技術界初のNPO法人へ, 日刊建設産業新聞, 2面, 2月4日, 1999

1998
建物の耐震技術「免震・制振構造に脚光」,日本経済新聞,29面,.9月28日,1998

1997
新技術論「38回 最新の耐震技術」,日本経済新聞,27面,10月6日朝刊,1997

1996
耐震構造システムの再考,日米比較(性能・品質確保へ建築主の直接参加)(12回分),建設通信新聞 1996年11月?12月(和田教授記事:第12回12月3日)
人命や大切な財産を守る「免震構造」,朝日新聞夕刊,4月22日(月曜日),1996

和田・笠井・坂田研究室集合写真(1998年)

IABSEのシンポジウム-サンフランシスコにて
-左から、和田、高梨先生、伊藤先生、川口先生ご夫妻、神田先生
(1995年8月)

黄 一華氏、博士号取得(現在は米国滞在)木村 孟工学部長にご挨拶
(1995年4月)

Copyright © Wada Akira Website. All Rights Reserved.