Akira-Wada.com

和田 章(わだあきら)

工学博士 / 東京工業大学 名誉教授

Akira Wada

Doctor of Engineering
Professor Emeritus, Tokyo Institute of Technology
e-mail:wada{at}akira-wada.com

Article 2010~2014


論文

2014
繰返し荷重を受けるPC圧着関節工法を用いた床スラブ付き十字形架構の解析 ,(坂田 弘安, 陶山 高資, 黒沢 亮太郎, 和田 章, 松崎 育弘), 日本建築学会構造系論文集, [695], 137-143, 2014.1

2013
新しい柱脚機構を有する鉄骨ラーメン骨組の終局耐震能力及び鉄骨柱支点部の作用力の算定法,(木村 祥裕, 金田 勝徳, 和田 章), 日本建築学会構造系論文集, [688], 1149-1158, 2013.6

2012
座屈拘束筋違を取り付けるための接合部を有するRC部分架構の実験 鉄筋コンクリート骨組への座屈拘束筋違の活用に関する研究 その1,(毎田 悠承, 吉敷 祥一, 野々山 昌峰, 曲 哲, 前川 利雄, 濱田 真, 坂田 弘安, 和田 章), 日本建築学会構造系論文集, [681],1737- , 2012.11
安全余裕度の確保を目的とした免震構造物のクリアランスの設定方法,(中澤 俊幸, 吉敷 祥一, 曲 哲, 和田 章), 日本建築学会構造系論文集, [677],1159- , 2012.7
層中間型柱脚機構を用いた鉄骨ラーメン構造の設計,(金田勝徳, 竹内 徹, 高橋邦宏, 得能将紀, 木村祥裕, 和田 章), 日本建築学会技術報告集 第18巻 第39号, 553-558, 2012.6
新しい柱脚支持機構を有する鉄骨ラーメン骨組の終局耐震能力及び柱の要求性能評価に対する魚骨形骨組の適用,(木村祥裕,金田勝徳,和田 章),日本建築学会構造系論文集, [675],765- , 2012.5
制振壁の復元力と層間変形を受ける柱梁部分架構の弾塑性挙動に関する実験,-制振壁を有するパッシブ制振構造の終局耐震性能の評価 その1-,(吉敷祥一,鴨下直登,和田 章),日本建築学会構造系論文集, [671],95- , 2012.1
Performance-Based Saismic Design for High-Rise Buildings in Japan, (M.Nakai, N.KOshika, K.Kawano, K.Hirakawa and A.Wada ), International Journal of High-Rise Buildings, Vol 1, 155-167, September 2012
Pin-supported walls for enhancing the seismic performance of building structures,(Zhe Qu, Akira Wada, Shojiro Motoyui, Hiroyasu Sakata and Shoichi Kishiki), Earthquake Engineering and Structural Dynamics, IDO: 10.1002/eqe.2175, 2012.3
Subassemblage cyclic loading test of RC frame with buckling restrained braces in zigzag configuration,(Qu Z, Kishiki S, Sakata H, Wada A, Maida Y. ), Earthquake Engineering and Structural Dynamics, 2012
Performance-Based Saismic Design for High-Rise Buildings in Japan, (M.Nakai, N.KOshika, K.Kawano, K.Hirakawa and A.Wada ), International Journal of High-Rise Buildings, Vol 1, 155-167, September 2012
Subassemblage cyclic loading test of RC frame with buckling restrained braces in zigzag configuration,(Qu Z, Kishiki S, Sakata H, Wada A, Maida Y. ), Earthquake Engineering and Structural Dynamics, 2012
Pin-supported walls for enhancing the seismic performance of building structures,(Zhe Qu, Akira Wada, Shojiro Motoyui, Hiroyasu Sakata and Shoichi Kishiki), Earthquake Engineering and Structural Dynamics, IDO: 10.1002/eqe.2175, 2012.3

2011
免震構造物における耐震安全性の確率論的評価に関する基礎検討,(中澤俊幸,吉敷祥一,曲  哲,三好 新,和田 章),日本建築学会構造系論文集, [662],745-754,2011.4
増築建物を利用した既存橋上駅舎の耐震性能向上に関する研究,(林  篤,和田 章,岩崎和明,鈴木 勇), 日本建築学会構造系論文集 [662],755-764,2011.4
新しい柱脚機構を有する中低層鉄骨ラーメン架構の終局耐震能力,(金田勝徳,木村祥裕,宮原直樹,和田 章),日本建築学会構造系論文集, [661],649-658,2011.3

2010
極表層地盤に埋設した鋼棒による木造戸建住宅の耐震補強に関する基礎研究,(吉敷祥一,都筑碧,和田 章),日本建築学会構造系論文集,[658]  2213-2220. 2010.12
全層梁降伏型を目指した中低層鉄骨ラーメン構造構築のための新しい柱脚機構の提案,(金田勝徳,木村祥裕,濱崎慎一,和田 章),日本建築学会構造系論文集,[654]  1537-1546. 2010.8
実大性能試験結果の回帰による免震用高減衰積層ゴムの特性表現式,(嶺脇重雄,山本雅史,東野雅彦,和田 章),日本建築学会構造系論文集,[652],1099-1104, 2010.6
PC圧着関節工法を用いた十形骨組の力学的挙動に対する床スラブの影響,(坂田弘安,坂上 肇,加藤雅樹,和田 章,松崎育弘),日本建築学会構造系論文集, [649]635-642,2010.3
免震鉛ダンパー接合用アンカーボルトの引抜き挙動に関する基礎実験,(浅田勇人,吉敷祥一,和田 章),日本建築学会構造系論文集, [649],609- 617,2010.3
連結制振構造を適用した線路上空建築物の設計と実測による性能評価,(林  篤,大迫勝彦,和田 章,高梨晃一,岩﨑和明,鈴木 勇),日本建築学会構造系論文集, [648],299-307 ,2010.2
風外力を受ける超高層免震構造における滑り支承の耐久性に関する研究,(東野雅彦,大竹和夫,濱口弘樹,和田 章),日本建築学会構造系論文集, [648],317-325 ,2010.2
Development of the Core-suspended Isolation System (Yutaka Nakamura, Masaaki Saruta, Akira Wada, Toru Takeuchi, Shigeru Hikone and Teiichi Takahashi), EARTHQUAKE ENGINEERING AND STRUCTURAL DYNAMICS, Vol.39, No13 2010.10
Probabilistic Evaluation of Seismic Performance of Steel Moment Framed Buildings Incorporating Damper Limit States,(H. Kit Miyamoto, Amir S. J. Gilani, Christopher Ariyaratana, Akira Wada), Structures Congress,1428-1439,2010
Identification and Modeling of Limit States of Viscous Dampers under Large Earthquakes, (H. Kit Miyamoto, Amir S. J. Gilani, Ph.D. Akira Wada), Ph.D. Improving the Seismic Performance of Existing Buildings and Other Structures: 937-948,2010
Seismic Retrofit Using Rocking Walls and Steel Dampers,(A. Wada, Z. Qu, H. Ito, S. Motoyui, H. Sakata, K. Kasai),Improving the Seismic Performance of Existing Buildings and Other Structures: 1010-1021,2010
Collapse Risk of Tall Steel Moment Frame Buildingns with Viscous Dampers Subjected to Large Earthquakes, Part I: Damper Limit States and Failure Modes of 10-storey Archetypes, (H. Kit Miyamoto, Amir S. J. Gilani, Akira Wada and Christopher Ariyaratana), THE STRUCTURAL DESIGN OF TALL AND SPECIAL BUILDINGS, DDOI: 10.1002/tal.593 2010
Special EESD issue on seismic protection techniques,Akira Wada, Michael C. Constantinou, Earthquake engineering and structual dynamics 2010

シンポジウム

2010年
情報技術で社会をより優しく - To Make the Society More Gentle by the Computer Technology -(和田 章),第33回情報システム利用技術シンポジウム,日本建築学会情報システム技術委員会 , 2010.12
The 13th Japan Earthquake Engineering Symposium, Tsukuba, Japan, 2010.11
Seismic Performance of Kashiwazaki-Kariha Nuclear Power Plant on 2007 Chuetsu(Niigata)Earthquake, (Akira Wada,Ktsuichiro Hijikata),The 4th WFEO-JEES-JSCE Joint International Symposium Disaster Risk Management, 23-31, Hokkaido Univ.Sapporo, Japan, 2010.9
Viscous Damper Limit States and Collapse Analysis of Steel Frame Buildings with Dampers, (H.Kit Miyamoto, Amir S.J. Gilani, and Akira Wada),The 9th U.S. National and 10th Canadian Conference on Earthquake Engineering, Paper No 146, Toronto, Ontario, Canada, 2010.7
Collapse Hazard and Design Process of Essential Buildings with Dampers, (H.Kit Miyamoto, Amir S.J. Gilani, and Akira Wada),China/USA Symposium for the Advancement of Earthquake Sciences and Hazard Mitigation Practices,2010
Probabilistic Evaluation of Seismic Performance of Steel Moment Framed Buildings Incorporating Damper Limit States, (H. Kit Miyamoto, Amir S.J. Gilani, Christopher Ariyaratana and Akira Wada),1428-1439, 2010 Structures Congress ASCE, Frorida, U.S.A., 2010.5
Research Directions and Priorities for Steel Structures, KeyNote,(Akira Wada),STEEL STRUCTURE WS 2010,Canterbury university,New Zealand,2010.4.13

総説・論評

2014
野の国(ポーランド)の景観、歴史、構造技術」鉄構技術 Aug 2014
耐震建築の志、その夢を現実に」建築技術 七月号
構造設計者の役割―自由な発想と真剣な想像力,『構造デザインマップ 東京』株式会社総合資格 2014年6月20日初版発行
耐震化底上げが都市の窮地救うー大震災時の機能不全を防げ,日経アーキテクチュア,No.1023,2014年5月10日号
施工者に幸あれ 第41回 構造家・和田章はビューッと漕ぐ」(著・朝倉幸子),建築技術 五月号
大震災から学んだこれからの建築とまち,RE,No.182,2014年4月号
Northridge_20_Symposium:Impact,Outcomes,and_Next_Steps_参加報告,JSSC,No.17,2014年春季号
第一層中間型柱脚機構 一階柱脚を降伏させない新構法, 金田勝徳, 木村祥裕, 和田 章, 鉄構技術,Vol27, 30-31, No.310, 2014.3
東日本大地震と向き合う,日本建築学会・地盤工学会協同企画討論 2014/03/15
巻頭言 Computers ON but Brains OFF, 計算力学, Vol.19,No.1, 1, 2014.1

2013
特別座談会 「地震国と免震」「免震エンジニアの育成」, 和田 章、纐纈一起, 可児長英, 関戸博高, 酒井和成,中西 力, 高床免震と東日本大震災, 3-19, スターツCAM株式会社, 2013.10
大地震から学んだ教訓と人工構造物の設計,和田章,日本原子力学会誌,Vol.55,No.6,2013
驚く早さ,三年で完了した?川地震被災地の復興, 曲 哲,和田 章, 建築防災, 8月号, 51-60, 2013.8
特別寄稿 想像力は愛, Structure, No.127, 10-11, 2013.7
多く残されている建築の研究,建築研究開発コンソーシアム 10周年記念誌,5-6, 2013.5
Seismic Design of High-rise Buildings,Steel Construction Today & Tomorrow,7, 2013.4
デザインを保持しながら既存架構を活かしきる耐震補強, DETAIL, 196号, 89-90, 2013.3
特集 巨大災害から生命と国土を護る-30学会からの発信-, 学術の動向, 3月号, 7-8, 2013.3
工学が扱う世界に境界線はない-木・建築両学会長の対話-, 建築雑誌, No.1642, 6-9, 2013.3
対談:復元力のある「強い日本」を目指して」 NTTファシリティーズジャーナル 2013年3月号
住みやすく親しまれ、長く多くの人々に尊敬される建築とまち, 建築雑誌, No.1640, 2-3, 2013.1

2012
国境なき技師団の活動を通して世界を平和に, 国境なき技師団(EWBJ) News Letter ,No.7 , 巻頭言, 2012.12
インタビュー 耐震基準から考える災害と社会,Tokyo Institute of Technology, Ka036, 8-9,2012
しあわせな建築 東京工業大学すずかけ台キャンパスG3棟,(奥山信一, 坂田弘安, 元結正次郎, 和田章), BELCA NEWS, 140号, 53-57, 2012.9
Will 21st Century Archiecture Survive? 21世紀の建築は残るか,建築と都市 a+u, 2012年8月号臨時増刊, 10-11,2012.8
特集10周年記念 多く残されている建築の研究,CBRD NewsLetter No.16, 4,2012.7
止め続ける,冷やし続ける,閉じ込め続ける,日本原子力学会誌, Vol. 54, No. 6,2012 →フランスに建設中のITER 熱核融合実験炉
対談 良質な建築ストックの形成に向けて,Architecture& Civil Engineering, Ace3, Vol.11, 10-13,2012.3
震災後1 年特別寄稿 Think before type,(和田 章),Journal of Analytical Engineering, Vol.28, Topics 6,10,2012.3
日建設計 三愛ドリームセンター 日建の構造設計の原点, 日経BP, 140号, 198-199, 2012.4

2011
変らないこと,(和田 章),NIKKEN JOURNAL 09,16-17,2011 Winter
座談会 東日本大震災を考える,日本地震工学会誌,No.15,2-18,2011.10
祝辞,(和田 章),鐵骨 30th Anniversary,14,(社)鉄骨建設業協会,2011
Interview 和田章氏に聞く 次世代に不安、負担を残さない 毅然とした震災復興が日本建築学会の責務,建築ジャーナル,No.1188,22-23,2011.10
Interview 和田章氏に聞く 構造設計と空間デザイン,(協力),TAKENAKA DESIGN WORKS,Vol.16,2-5,2011.7
国に頼らず自分で守れ,(協力),日経アーキテクチュア,2011-7-25,30-33,2011.7
インタビュー この人に聞く,Re,財団法人建築保全センター,No171,2-3, 2011.7
巨人の肩にのって,(和田 章),建築技術,No.735,100-101,2011.4
天変地異といえるか、緊急特集 東北地方太平洋沖地震,新建築,4月号,14-15,2011.4
構造デザインにおける個別性と普遍性 エピローグ,(和田 章),建築画報,3月号,Vol.47,052-058, 2011.3
サスティナブル社会における建築物長寿命化のフロンティア,(和田 章),総合論文誌,日本建築学会,No.9,2011.1

2010
「部屋免震」で国宝を守る,(協力),日経アーキテクチュア,2010.11.22
自然の力とエンジニアリングの力,(和田 章),東京工業大学応用セラミックス研究所 News letter,10月号,2010.10
1003r03 志賀敏男先生 ありがとうございます, (和田 章),29-33,まなびて朽ちず 志賀敏男先生追悼集,2010.10 
壊れない都市 街ぐるみで地震に備える動き,(協力),日経アーキテクチュア,2010.10.25
特集 構造者の格律 座談会 不確実性をどうとらえるか, (和田 章,神田 順,内田祥士),建築雑誌,No.609,24-28,2010.10
本当の構造設計と各種規準・法の役割(監修),重要な事は構造設計者の力, (和田 章), 建築技術, No.729, 82-83, 2010.10
東京工業大学すずかけ台キャンパス G3棟レトロフィット Thank you for the Engineering-耐震改修の知恵と工夫, 新建築, 8月号, 184-189, 2010.8
東京工業大学すずかけ台キャンパス G3棟レトロフィット 耐震改修のコンセプト, (和田 章), 建築技術, No.727, 46-47, 2010.8
大学研究室では今... 五重塔の「心柱」構造を応用した耐震改修, (和田 章),サーツリポート,Vol.45,7,2010.6
カリフォルニアの思い出,(和田 章),尾崎昌凡先生追悼文集,2010.6
多層建築の耐震性向上,(和田 章),CUEE地震工学研究レポート, No.114, 2010.5
規基準の数値は「何でなの」を探る, 総論 数値より,決められた根拠, (和田 章),建築技術,No.721,100-101,2010.2
耐震改修-明治以降の耐震設計の歴史と既存建築の耐震性不足, (和田 章), Risk Management 2010, No.721, 100-101, 2010.1
安全な建築物を設計するために(和田 章),LANDFALL,Vol.68,28-33,2010.1

新聞記事

2013
5.12大地震5周年記念学術研究会,5月15日 4面, 2013

2012
日本建築士事務所協会連合会 創立50周年によせて 愛され続けるサスティナブル建築,建設通信新聞,10月5日 4面, 2012
名古屋で建築学会大会 震災対応発展させる場に,建通新聞,9月12日, 2012
第21回BELCA賞決まる,建設工業新聞,2月13日 12面, 2012
自然の猛威に負けない国つくり,建設産業新聞,1月5日, 2012
対談 過度の集中避け国土全体を上手に利用,建設通信新聞,1月1日, 2012

2011
震災乗り越え持続可能な建築を,建設通信新聞,7面,11月11日, 2011
地震発生に備え「刻苦精励」を忘れずに,建設通信新聞,3面,10月26日, 2011
東日本大震災の復興支援のあり方を問う,日刊建設工業新聞 8月31日,2011
大震災対応-多くの関係者と連携しさまざまな観点で検討,建通新聞,7月1日, 2011
「顔」 和田章さん,読売新聞,6月29日,2011
日本建築学会新会長に就任した東京工業大学名誉教授 和田章氏,建設通信新聞,6月1日, 2011
建築学会の次期会長候補 和田章氏を選出,建設通信新聞,4月25日, 2011
東工大の大町達夫教授、和田章教授 退職記念講演会,日刊建設工業新聞, 4月1日, 2011

2010
五重塔の心柱構造を応用,建設通信新聞 14面,5月27日,2010

2014年12月 清華大学にて

和田研究室2014年OB会 建築見学
(2014年6月14日大岡山キャンパス建築物)

和田研究室2014年OB会 懇親会風景
(2014年6月14日 東工大蔵前会館)

和田研究室2014年OB会 懇親会風景
(2014年6月14日 東工大蔵前会館)

2014/6/21 2nd AF-Forum
使える超高層が壊されるのは何故

日本建築学会北海道大会にて研究仲間と
(2013年8月30日)

ハルビンのIEMにおけるセミナーにて
(2013年6月12日

同済大学土木工学科修士1年生の講義
(2013年6月20日)

同済大学の研究室で行ったゼミ
(2013年6月19日)

第7回全国防震減災工程学術検討会及記念文川地震5周年学術検討会
(2013年5月 成都 西南交通大学)

斎藤公男先生と打ち合わせ
(2013年4月26日 日本大学)

2013年和田研OB会懇親会風景
(2013年6月7日東工大蔵前会館)

2013年和田研OB会懇親会風景
(2013年6月7日東工大蔵前会館)

トルコ共和国の首都アンカラで行われた、免震病院の建設に向けたWSでの講演
(2013年3月)

トルコ共和国の首都アンカラで行われた、免震病院の建設に向けたWSでの講演
(2013年3月)

Int.Top-level Forum on Eng.Science and Tech.Development Strateghy
(2012年11月21-23日 広州)

独)建築研究所国際地震工学センター「中国耐震建築コース」(2012年7月)

赤坂Kタワーの見学会(2012年7月13日)

iaSU2012 JAPAN(2012年7月14日)

JICA 中日建築耐震技術研究会
(2012年3月北京)

イギリス視察(2012年)

イギリス視察(2012年)
   

東京工業大学 G3棟の前で(2011年)

韓国のロッテタワーの建設現場にて、Dr. Leslie E. Robertsonと(2011年)

シカゴにて、ドバイの800m超高層の建築家 Adrian D. Smith と(2011年秋)

MITにて、東日本大震災のことについて講演したあと、Jerome J. Connor教授と
(2011年5月)

カリフォルニア大学のStephen Mahin教授と(2011年5月)

退職記念講演会 懇親会風景
(2011年3月5日)

退職記念講演会風景(2011年3月5日)

退職記念講演会風景(2011年3月5日)

東京工業大学 G3棟の前で(2011年)

東京工業大学G3棟耐震改修工事(2010年)

上海 同済大学にて(2010年)